前へ
次へ

お焼香のマナーをチェックしよう

自分がお焼香を行う番になって「正しいお焼香の仕方が分からない・・」と、あせってしまうケースも少なくないようです。
お葬式は急に参列することになるのが一般的ですので、いざという時にあせあない為にも基本的なお焼香のマナーをチェックしておくと良いでしょう。
お焼香の作法は宗派によって異なるものの、右手の親指・人差し指・中指の3本を使い、細かくされたお香をつまみ、おでこの中央部へと持って行くのが基本的な動作です。
この一連の動作は「押し頂く」と言われています。
押し頂いた後は指をこすりながら、指の中にある細かなお香を1回から3回に分けて、香炉の中に落とすというのが基本的な作法です。
お焼香には立礼焼香・座礼焼香・回し焼香と3つのタイプがあります。
このタイプのうち現在、最も多いのが立礼焼香です。
立礼焼香は焼香台まで移動し、立ったままでお焼香をするスタイルです。
焼香台の前まで移動したらご遺族と僧侶に一礼し、遺影に手を合わせ一礼した後にお焼香を行います。

Page Top