前へ
次へ

近年増えている家族葬のメリット

日本で執り行われるお葬式の約8割は仏式と言われています。
参列者が多く盛大なお葬式もありますが近年、増えているのが小規模な参列者のみで執り行われる「家族葬」です。
親族や故人のごく親しい友人のみとなるのが家族葬の特徴です。
家族葬には、どのようなメリットや魅力があるのかチェックしてみましょう。
家族葬と聞くときちんとしたお葬式を上げられないのでは・・と不安に感じる人もいるかもしれません。
家族葬は参列者の数が少ないだけで、一般的なお葬式と同じようにお通夜や告別式も行なわれます。
きちんと故人を送り出すことができるのでその点は安心です。
一般的なお葬式の場合、多くの弔問客があるということもあり親族はその対応に追われがちです。
ゆっくりと故人との最後を過ごしたいという場合、親族とごく親しい友人だけの家族葬はメリットがあると言えるでしょう。
また参列者の数が少ないということで、対応する親族の負担を減らせるというのも家族葬のメリットです。

Page Top