前へ
次へ

パンプスのヒールの高さの目安を知ろう

女性が洋装でお葬式に参列する場合、パンプスを履くのがマナーです。
ツヤ感の無いシンプルな黒のパンプスを選べば問題ないですが、ここで注意したいのが「ヒールの高さ」です。
ヒールの高さはパンプスによってかなり違いがあります。
お葬式に参列する際にふさわしい、ヒールの高さの目安も知っておくと良いでしょう。
マナー違反とならないヒールの高さは、3cmから5センチと言われています。
6センチ以上のヒールとなると黒のパンプスでも、華やかな印象になってしまうのでマナー違反です。
またヒールのないフラットなバレエシューズの様なパンプスや、3センチ以下のヒールもカジュアルな印象を与えてしまうことから、お葬式で履くのにはふさわしくないと言われています。
ただ、3センチから5センチというヒールの高さはあくまで目安です。
高齢者の方や妊婦さんは足元に注意しなければいけないため、ヒールの低いパンプスを履いても問題はありません。
また、3センチから5センチのヒールでも、ウェッジソールやピンヒールのパンプスはマナー違反となります。

Page Top