前へ
次へ

葬儀の準備(祭壇を置く場所は)

式場を別に設けてお通夜をするのでなければ、喪家の内外を整理しなければなりません。
祭壇を置く部屋は、玄関や縁側に近く、襖をはずせば広く使える部屋が良いでしょう。
家具などは別の部屋に移します。
このとき故人を忍ぶアルバムや、食器などは取り出しておきましょう。
祭壇を置く部屋の他に、弔問客のための控え室兼休息所も必要となります。
ひと部屋用意できない場合は、屋外にイスとテーブルを置きます。
また、葬儀に使わない部屋をひとつ用意し、子供たちの控え室、喪主や遺族の休息や僧侶の控え室として使います。
玄関にある傘立てや、家族の靴などは他の場所に移して広くし、弔問客に供えます。
家の中に飾ってある縁起物、華やかさを感じさせる生け花や絵画、置き物、額、トロフィーなどは片付け、取り外しが出来ないものには、半紙を貼ります。
神棚も扉があるものは閉じて、合わせ目に半紙を貼り、扉がないものはご神体が隠れるように半紙を貼り、神封じをしましょう。

Page Top